オールアース住宅®︎の施工がはじまりました

建築を学び、実践していくうちに

林業や農業に強い関心を持ち始め

そして辿り着いた”電磁波対策”という分野。

 

きっかけは、"健康”を考え、学んだことでした。

常日頃から”心地よい空間で過ごして頂きたい”考えておりましたが

さらに「より健康的に過ごして頂きたい」という思いが強くなり

意匠デザインだけでなく建築空間や暮らしへ

健康面でのアプローチができないかと考え

電磁波測定士”という資格を修得しました。

 

そんななか、昨年からリフォームの打合せを続けていたIさんに

電磁波対策のことを紹介したところ、共感して頂くことができ、

私にとって初めての電磁波対策の住まい『オールアース住宅®︎』の

施工が早速はじまりました。

 

Iさんのご計画は、2階の間取りを変えるべく、全面的にリフォームするもの。

壁を造り変える大掛かりなもので、オールアース住宅®︎の採用には相性が良い。

一般的には新築時に採用されるケースは多いようですが、

大規模なリフォームでも採用可能です。

濃い緑色のシートが”導電性スパンボンド”と呼ばれるもので、

アースと接続することで、壁や床から発生される電磁波を抑制してくれます。

この上に床材や壁材を貼るだけ。

完成すれば、いつもと見た目は変わりありません。

 

電磁波測定士の業務としては、

シート張り、アース接続が終わったところで測定器を用いてのチェックです。

スパンボンドの無い配線からの電磁波(電場)は、基準値の10倍程度。

数値は離れることで下がりますが、

壁につけて使用することが多いソファーやベッドなどは

電磁波の伝搬により身体への影響が心配されます。

 

一方、スパンボンドの上から壁面を測定すると、しっかり理想的な数値。

バッチリ電磁波が抑えされていることが確認できました。

はじめてのオールアース住宅®︎の施工、まずは一安心といったところです。

 

大工、電気の職人さん含め、みんながはじめて。

それでも、快く、協力的に施工して頂けたのが大変有り難かったです。

 

健康面でのアプローチで空間を造ることは、

すぐに効果が出ることではないかもしれません。

長期的な視点で喜んで頂けるのものと思っています。

 

まだまだ電磁波に対する認識は??な方が多いと思います。

あまり大きな声で言うと、”怪しい”と思われる....

少しずつでも良いので、正しい認識が広がっていけばと思って活動しています。

 

 

 

電磁波対策の詳しいことを知りたい方、

関心があるけど、どうして良いか分からない、

また、些細なことでも結構です。

ご心配なことがありましたら、ご連絡頂ければお答えできる範囲でお答えしておりますので

お気軽にご相談くださいー