木製サッシへの入れ替えリフォーム

ひとつ、リフォーム現場が終わりましたー

小さな規模ながらも濃密な計画。

一番の目的は「アルミサッシを木製サッシに変える」こと。

 

昨年に引続き、今年も木製サッシへの”開口部リフォーム”という、

一般的にはあまり聞かないご依頼ですが

住まいの雰囲気や性能が大きく変わる、お勧めの手法です。

今回の計画をリフォーム前後の写真を使い、ご紹介したいと思います。

 

 

▽外観


中庭を望む廊下にある2間(約3.6m)の開口。

大判ガラスにすることで、庭の苔や樹々がよりダイレクトに感じられ

迫力のある雰囲気に変わりました。

アルミサッシからの隙間風や結露はなくなり

格段に快適性が上がります。

 

 

 

 ▽サッシの入れ変えに合わせて、和室(仏間)を寝室にする、住まい方の変更。



せっかく良くなるのだからと

寝室兼セカンドリビングへと変え、滞在時間を長くする計画です。

真壁や障子など元の雰囲気を残しつつ

杉材を使うことで、寝室に相応しく優しい雰囲気に変えたのが特徴。

 

 

▽廊下


廊下はガラス戸に挟まれ、より広がりのある印象に。
寝室まで陽が差し、これからの時期は日向ぼっこが気持ちよさそうです。

 

 

▽玄関


木製サッシのある廊下とつながる玄関。

シューズクロークを新設したため、靴箱は不要のため撤去。

そこで、新たに飾り棚を提案。

正面のケヤキ一枚板との調和を考え、一枚板を使った飾り棚としました。

背面には一般流通材を使った”でたらめ張り”の壁とすることで

木の持つ柔らかさと力強さで印象的な壁面を演出しています。

さっそく施主のTさんが飾りつけをしてくださいました。

「お願いして良かった」と喜びの声を聞くこともでき

設計者としては嬉しい限り。

 

 

工事中、私と監督のOさんが打合せしていると

”楽しそうね”とTさんに言われたのも印象的。

確かに楽しい現場でした。

 

我々工事に携わる人間が楽しいと良い仕事につながるー

 

施工をお願いした「馬場工務所」とは初めて協働でしたが

大変うまくいきました。

丁寧な仕事に、感謝しかありません。

 

 

〜Tさんの家〜

 

新潟市秋葉区 

設計監理:エヌスケッチ 

施工:馬場工務所(新潟市秋葉区)