土間と薪ストーブ

昨年夏より準備を進めてきた「田園を望む家.Ⅱ」

確認申請、地鎮祭が無事終わり、いよいよ来週より着工です。

 

タイトルの通り、一番の特徴が”ロケーション”

目の前に広がる緑の絨毯と山々。

四季折々の風景を望みながら暮らすことのできるこの場所に

家を建てると決めたことで、

家づくりはほぼ終わったのではないかと思えるほどに

圧倒される風景。

 

施主Hさんからの要望、そしてこのロケーションを踏まえ思案した結果、

誕生したのが”土間”と”薪ストーブ”のリビング。

キャンプが趣味のHさんの要望から、

庭と土間リビングをスムーズにつなげることで

外でも内でもアウトドア感覚で暮らせる住まい。

 

夏は庭でバーベキュー

冬は薪ストーブを眺めながら

年中、炎を楽しめる暮らし。

 

薪ストーブはその家、その家族の在り方に大きな影響を与える。

便利なモノゴトが多い世の中で

決して便利とは言えない薪ストーブを選択する意味は大きいと思う。

 

薪集め、薪割り、着火、寛ぎ方、

今までの生活と大きく変わる。

物理的にも精神的にも家族の中心的存在。

 

不便さや大変さを許容し、その向こうにある魅力を求めるー

 

豊かな暮らしのきっかけが薪ストーブにあると思えてならない。

 

 

 

 

気がつくと、「土間」と「薪ストーブ」の実績が増えてきた。

私自身、「土間」「薪ストーブ」の魅力に惹きつけられていること

そして、それを求める施主との出会いが続いたこと

このご縁には本当に感謝です。

設計が楽しくて仕方ありません。

 

 

ということで、

「土間」と「薪ストーブ」のある家を振り返ってみるーーー

 

 

▽大きな一枚屋根の下で/阿賀野市

 

 

▽つなぐ家/南蒲原郡田上町

 

 

▽ナカドマの家/新潟市秋葉区