"半地下"現場着工します

新潟市西区「まちを望む家」は

解体が無事終わり、いよいよ着工です。

 

「まちを望む家」には多くの特徴がありますが、その一つが”半地下”。

厳密に言うと、半地下となる部分がおよそ半分の、半"半地下"。

 

敷地内には約1mの段差(高低差)。

そして、裏手は高低差2mの擁壁。

そんな敷地において、設計当初から懸念していたのが

30年以上前に造築された、この擁壁の耐久性でした。

強度に関わる調査も可能でしたが

大きな費用をかけても部分的なことしか知ることができず

擁壁の図面もないことから、耐久性を追求することは

現実的でないと判断。

 

以前のように擁壁を頼りに建てるのは、やはり心配。

 

そこで、”この擁壁に極力頼らず建築する”をコンセプトに

進めた結果が"半地下"というカタチ。

擁壁から”距離をとる”方法もあるが、敷地面積から難しい。

そうであれば、地面の上に建物を建てるのではなく

”掘り下げて”建てることで、擁壁への負担を減らそうと。

 

ビルトインガレージの要望もあったので、

そのまま奥まで1階をつくり、その上に2階。

道路から見たら、2階建て

裏手から見たら、1.5階建て、という具合です。

 

 

 半地下部分はこんな感じ

 地面より1階床の方が低い、"半地下"状態

 

周りの家は、1m高い地面から建つのに対し、

「まちを望む家」は下がったところから建つため

高さが抑えられたプロポーション。

 

プロポーションで暮らしが変わるわけではない、、、

だけど、綺麗なプロポーションの方が良いですね。