オープンデスクとプレゼン

早いもので、もう1月末。

早い。早過ぎます。。。

 

年末から年始にかけては、

新築住宅「まちを望む家」の実施設計の追い込みで

かなり引き篭もった活動をしておりました、、、

 

 

そんな中、期間限定の新しい風が吹きましたー

学生のオープンデスクです。

設計の楽しさと厳しさを教えてほしい、という大学3年生の0君。

12月・1月の2ヶ月間に渡りと週2日間ほどペースで受け入れ。

実施図面をゴリゴリと描き進めると同時に、

学生ならではの自由で荒削りな発想に刺激を受けながらの、

楽しい2ヶ月となったわけです。

 

大学の授業で受け持った学生の一人なので、

初対面ではありませんが、親子ほどの歳の差。

こちらも多少緊張はしましたが、意外とスムーズ。

やはり”設計”という共通言語のおかげでしょうか。

当然、知識や経験によるギャップはありますが、

仲間として、充実した時間を共にできたこと、何よりでした。

 

 

そんな仲間の一人となったO君への課題は、

実在する「建売住宅」の設計からプレゼンまで行うこと。

建売らしくない建売住宅を展開し、

以前から設計提案という形で協同している「とちたて」の新たなプロジェクトです。

 

新潟市内の、これといった特徴がない住宅地の、35坪の敷地に

最初は戸惑ったO君。

それでも自分なりに感じこと、想いを形にするべく挑戦し続けました。

そして、最終日の昨日は「とちたて」の本間社長を目の前にしてのプレゼン。

大学の講義とは違い、より現実的なコメントもありましたが(想定内^^;;;;)、

素敵な案だと、評価して頂きました。

 

諸事情あり、実現する可能性は低いのは残念ですが

発案からプレゼンまで通してやったことは、きっと良い経験になったはず。

 

ほんの少しかもしれないけど、設計の楽しさと厳しさは伝えられたかな。

学校の課題やレポートなどに追われながらもやり切ったことに感服です。

 

「とちたて」からはもう一つ相談を頂いておりましたので、

学生に負けじと私もプレゼンー

こちらは、実施に向け進めていくとになりましたので、

張り切って参りますー