リフォーム工事、完了確認

概ね2ヶ月半に渡ったリフォーム工事が終わり

本日、最終確認に伺ってきました。

現場は上越市

27,8年前に大手ハウスメーカーで建てられたお住まいです。

構造的な制約が多く、間取りは基本的に変えられません。

4年前には、キッチン入替えなど、LDKを改装。

第2弾となる今回は、外壁と大開口です。

 

▽新しい外壁は杉板

板は天竜杉。

天竜杉は成長が遅いが、目がつまり強度があるのが特徴。

(新潟の杉と似ています。)

外壁に向く赤身を多めに揃えてもらい、

自然な風合いの色変化が特徴の保護塗料「エコウッドトリートメント」で

仕上げています。

リセットするようにピカピカと新しいものではなく

今までの暮らしを引き継ぐような、味のある雰囲気が良いなと思い提案。

ご夫婦ともに大変喜んでおられることが分かり、とても嬉しいです^^

 

国産の杉を使うことで、山への恩返しにもなる。

”地元の山の木”が理想ですが、あまり意固地にならずバランスをとりながら。

"どこから来た木"なのかが分かるだけでも愛着が湧くから不思議ですね。

 

▽「リビングの窓を大きくして、ウッドデッキとつなげたい」

△Before

△After ・・・2つの窓を統合し、片引きの大開口へ

大判ガラスが外壁に引き込まれ、内と外がつながります。

高気密高断熱メーカーの家ですので、その仕様に負けない開口部にと考え

へーべシーべという特殊な金物を使った引戸を採用しています。

分かりやすく言うと新幹線のドアのような感じでしょうか。

△戸の下框が消えるデザイン。

床の段差を利用し、床板が内から外まで遮られずにつながる。

これで、空間に伸びやかさが生まれます!

 

△Before

△After・・・ウッドデッキとパーゴラ

手入れされた庭木と苔との調和がとても素敵。

リビングから庭を眺めてると、とても落ち着く。

そして、飽きない。

 

新築ではなかなか味わえない、時間が醸し出す雰囲気と言えばいいのでしょうか。

そこに住う方の感性が色濃く現れたリフォームとなりました。

 

 

外壁リフォームには杉板がオススメです!!