木づかい建築コンペにて優秀賞頂きました。

新潟県木材組合連合会主催「木づかい建築コンペ2021」にて

「はじまりの間のある暮らし」(F-House/長岡市)が

優秀賞(住宅部門)を受賞しました。

本日、朱鷺メッセで行われた表彰式に参加、

合わせて行われた基調講演と座談会に参加してきました。

 

県産杉にレーザー彫刻の表彰状!

手渡された瞬間に伝わるありがたさと温かさ。

こういう木材利用いいですね!

 

「森を育む木造建築を考える」と題して行われた、瀬野先生の講演会。

初めてお目にかかりましたが、合間合間に一人言のような”本音”も交え、

とっても和やかな雰囲気でお話する方。

考え方や活動には、共感することばかり。

そして、初めて知ることもたくさん。

胸いっぱいになる講演会でした。

終わった直後にはもう一回聴きたいと思えるくらい、

親近感の湧く内容でした。

 

最後は、受賞者と瀬野先生との座談会。

今日集まった受賞者は、ほぼ知り合い^^

こういう場には慣れておらず緊張しましたが、参加できて良かった。

新潟で頑張っている方々から、刺激を受けまくりました。

 

私個人ができることは小さいかもしれませんが、

知っていること、できることから、少しずつ実践していきたいと思います。

 

 

「豊かな水は豊かな山のおかげ」

私の大好きなこの言葉。

このコンペを主催している県木連会長の重川さんの言葉なんです。

 

建築することで、暮らすことで、山に還元する。

山に恩返しができる建築を実践していきます。