初 執筆、

私が所属している日本建築家協会、

関東甲信越支部から発行される広報誌「Bulletin」に

この度、執筆しました。

 

ある日突然、「温故知新 抱負を語る」をお願いしたいと

執筆依頼がありました。

 

とっても迷ったのですが、

初心を振り返る、良い機会かなと思い引き受けることにした次第です。

 

こういうの、中学校の卒業文集以来じゃないですかね〜^^;;;;

タイトルは、「建築は人生」

独立を決心したときのエピソードを基に書きました。

 

改めて読むと少し恥ずかしいのですが、、、

良かったら読んでみてください。

ダウンロード
温故知新.pdf
PDFファイル 494.8 KB

今号には、新潟地域会の代表である伊藤純一さんも執筆されてました。

「今」は歴史の最中 ー

あっ!と思わされる、素敵な言葉です。

 

先日、伊藤さんの新しい事務所「蔵のアトリエ」を訪ねてきました。

築100年の蔵のリノベーション。

興奮と安らぎを感じる、とても豊かな空間でした。

「蔵のアトリエ」、憧れます!