いよいよ杉板張りが始まりました

年度末の竣工に合わせて、どんどん工事のスピードが上がる赤沢保育園。

本日より外壁の杉板張りが始まったと連絡を受け、早速現場へ。

 

張り始めたばかりで全貌が見えるのはまだまだ先ですが、

質感の良さは、すでに分かります。

足場が外れたときは圧巻でしょう!

 

建物の角、杉板同士の出隅には、初めての試み

逆Rの役物(出隅材)です。

 

なぜ、逆Rか?

それは、ホテル・イタリア軒に採用されていたから。。。

 

イタリア軒といえば、日本初の本格的西洋料理店「リストランテ・マルコポーロ」

”ミートソーススパゲティの発祥”と言われているお店。

 

赤沢保育園も日本初の保育園。

そんな”日本初”繋がりで、イタリア軒の外装へのオマージュでもあります。

△現場定例会にて描いたスケッチ

 

きちんと打合せ通りに、細かな指示通りにこの特注役物が取り付けられていたので、

嬉しくもあり、ひと安心。

 

△ちなみに、イタリア軒はタイル貼りの外装

 

 

工事期間は残すところ、1ヶ月ちょっと。

ラストスパートです!

 

降雪もこれで落ち着いてくれるといいのだけれども。。。

 

 

 

 

△2階のホール。

壁・天井の仕上げは終わり、只今、無垢のパインフローリング貼りが進行中。

△エントランスホール。

園庭へ通り抜けできる、通り土間あるホールです。

2階ホールもそうですが、R壁をくぐって次の空間へと進んでいく度に

子どもたちの気分が変わると良いなと思い計画しています。