足繁く現場に通う理由

今年も残すところ数日。

ホント、あっという間の一年でした。

 

年の瀬ですが、

先日、現場に向かう車中で、ふと思ったことを綴りたいと思います。

 

 

「監理」についてです。

一般的に、設計事務所の「監理」は、

基礎工事の配筋検査や躯体の構造検査など、要所を現場にて確認すること、

また施工会社からの質疑に答えること、などを行っています。

要所のみ現場に足を運ぶ事務所もあれば、

週一回の定例会を設ける事務所もあり、スタンスは事務所によって様々です。

 

エヌスケッチ の基本は、「週一回の定例会」。

実際は、定例会の間にも現場に行っているし

毎日のように行くこともある。

 

先日、車中で、

「結構現場に行くなぁ」

「多すぎかな?」

「次の設計がなかなか捗ってないな〜....」

「なんでこんなに現場行くんだろう....」

と、自問自答が始まったのでした。。。

 

現場は好きなので

数多く行くのは全然苦でないのですが。

 

 

そうこうするうちに、すとんと腑に落ちる答えに出会いました。

 

それは

「答え合わせ」をしているのではないか、ということです。

 

 

着々と図面通りに工事が進むなかにも不安はあります。

どんなに図面を描いても、模型やCGで確認はしていても、

やはりそれと現場とで違うこともある。

 

「こっち側につけた方が使い勝手がいいなぁ」

「ここの寸法変えた方が納まりいいな」

「この色の方がまとまる」などなど。

 

現場に来て分かったこと、新たに気付くことがあります。

ただただ、私の力不足なだけかもしれませんが.....^^;;;;;;;;

 

なので、ときには大工さんに相談(懇願^^)して、

変更してもらうことも....

 

でも、やり直しや手待ちをさせてはいけませんので、

タイミングよく状況を確認するには、定例会以外となることも多く、

現場へ行く回数が多くなるのは、必然なのかもしれません。 

 

 

 

「施主さんの期待に応えられているか」

「今まで培ってきたもの、良いと思ってきたものとの食い違いはないか」

 

その「答え合わせをしている」と確信できた年末となりました。

 

△高さやコードの吊るし方を現場で試行錯誤しながら取付けたペンダント照明

 

 

上の3枚の写真は、新潟市南区にて現在施工中の「田園を望む家」です。

新年、1月16日(土)17日(日)に見学会を行わせて頂けることになりました。

詳しいことは、おってお知らせ致します。

 

 

「田園を望む家」

 設計監理:エヌスケッチ

 施工:丸正建設