いよいよ着工。

9月とは思えない酷暑の昨日、

いよいよ赤沢保育園の工事が本格着工となりました。

解体工事が無事終わり、新築工事の第一段階は杭工事。

深さ20m近くまで、鋼管杭を打ち込みます。

 

直径30cmの杭を3本継ぎ足していく。

住宅の地盤改良工事では、数打って面で強度を確保する考え方が主流。

一方、今回は建物の荷重だけでなく、地震時の液状化にも対応するため、

一本一本に強度を持たせた杭。

サイズや長さが全然違う。

建築の教科書やカタログでしか見たことない.....

 

一本目の施工状況をチェックするための立ち会い。

どこかソワソワとした気持ちの中での始まりです。

 

先ほど「打ち込む」と書きましたが、

実際は回転させながら押し込んでいくため、振動はありません。

これなら、近隣にお住まいの方も安心。

 

杭の継ぎ足しには、溶接。

凝視は厳禁!!

だけど、思わず見てしまう.....^^;;;;;;;;

 

私に経験がないことは施工側は承知していますので、

杭業者や現場監督の方から、進捗に合わせその都度説明をして頂きながら

一本目が終わるを見届けることができました。

 

この杭工事には高額な費用がかかっています。

正直、内容と金額にピンと来ていませんでしたが、

この専門業者の仕事ぶりを通して、納得できました。

最終的には、全く見えなくなるものだけど、

とても頼もしい存在へと変わりました。

 

 

 

 

先週末、執り行われた地鎮祭の様子です。

「刈初の儀」。

鎌入れをし、草を刈らせて頂きました。

 

来春の卒園式は新園舎で行って頂きたい。

大変タイトなスケジュールですが、

チームあかざわ、一丸となって進んでいきます!

 

■チームあかざわ

 施主:守孤扶独幼稚児保護会

 意匠設計:エヌスケッチ

      トクモト建築設計室

 構造設計:ハシゴタカ建築設計事務所

 設備設計:宙央設備設計室

 施工会社:吉原組

 アドバイザー:佐藤将之氏(早稲田大学准教授)

 赤沢保育園保育士の皆さま・理事の皆さま

 

 

 

アドバイザー? 佐藤先生??

この辺については、後日ブログに書きたいと思っています。