はじまりの間のある暮らし_一年点検

昨年に竣工・お引渡しをした、

長岡市の「はじまりの間のある暮らし」(F-House)。

1年点検を兼ね、暮らしぶりを伺ってきました。

 

そこに暮らし始めて気づく喜びや変化をお聞きすることができ、

設計した私も嬉しくなるひとときとなりました。

 

 

一部ですが、紹介したいと思います。

竣工して1年とは思えないほど、とってもいい風合いになった外観。

ずっと前からそこに建っていたかのよう。

周りにこれほど良い表情した外壁はないと、

Fさんもお気にの様子に、私も嬉しくなります^^

 

デッキの鉄棒は、予定通り”洗濯物干し”と”けんすい運動”に活躍。

鉄棒とルーバーフェンスを使って日除けを掛けるアイディアはFさんのもの。

庭で遊んだり、バーベキューするのに良いとのこと。

 

 

そして、一番感心したのがこれ。

窓際に寄せられたダイニングテーブル。。。

 

「空を眺めながらの食事やお茶。カフェみたいでしょ」と。

 

なるほど!!

これは、全然想像しませんでした。

 

暮らしながら、良さを発見し、変化させている姿に

とても嬉しくなります。

 

 

そして、さらに嬉しいお話がもうひとつ。

子ども達が、「おうちが大好き」ということ。

この家で暮らし始めてからは、出掛けても「早くおうち帰りたい!」と

言うようになったそうです。

いや〜これはホント嬉しい^^

 

 

 

こちらの住まいの2階は、入れ子状になっています。

各方位の窓から明かりが入り、風の抜けも良く、心地よいとのこと。

 

結果的に、照明やエアコンが必要な時間が短く、

電気代を抑える結果につながっていました。

 

ご友人の中には、「今まで見た中で一番おしゃれ」と

言われた方もいるそうで、それを聞いた私も、勿論嬉しいです。

 

「デザイン」というと表面的なことと思われがちですが、

機能面や性能面も充実してこそ、本当の意味で優れたデザインです。

この入れ子状空間は、一見”斬新”で表面的なこと、

と見る方もいらっしゃるかと思いますが、実はとても機能的な空間なのです。

 

「この家、結構機能的ですよ」と。

Fさんからこの言葉が聞けて、とても嬉しかったです。

 

暮らしながら、そのことを感じ取っておられたFさん夫妻には、感謝しかありません。