田園を望む家

只今、新潟市南区「田園を望む家」の基本設計を進めています。

設計中ではありますが、少し紹介したいと思います。

 

 

「田園を望む家」は新しい造成地の端の敷地に建ちます。

屋根から(実際は2階から)、"ひょっこり"とバルコニーに出ることができ、

眺望を楽しめるのが、この家の特徴です。

 

土地探しからのご依頼であった施主のSさん。

”眺めの良さ”をポイントに探していたところ、

新規造成地の”端”が空いているのを発見。

田園風景を一望できる、この土地に出会い、計画が具体的に動き出しました。

 

土地が決まり、まずはやることは、、、いつものように敷地模型の作成。

現在、造成中のため実際にはまだ形になっていませんが、

完成後をイメージし、隣家も想定しながら周辺模型を作ります。

 

続いて、Sさんからの要望や周辺環境など踏まえ、

イメージを練り、プランや外観を少しずつ形にしていきます。

 

そして、最初に導き出された一つ目の案が、これ⤵️

▽スタディ.no1

▽スタディ.no2

▽スタディ.no3

▽スタディ.no4

no1〜4までの模型、実はプランは同じなんです。

プランは目処が立ったけど、どのような外観がこの土地に相応しいのか、

検証するため、4つ案を作成し、そのままSさんに提案。

 

これを通して、Sさんに土地の使い方や建て方について、

こちらの考え方やイメージを伝えました。

実際に具体案を見ると、改めて様々なお話が出来ます。

そして、新たに気がつくことがあったり、新しい要望が生まれたり。

拘ってたコトやモノの優先順位が変わったりすることもあります。

 

私は、この段階の施主の方とのコミュニケーションを一番大切しています。

じっくりお話することで、目標を明確にすることができ、

より内容の濃いものができると考えているからです。

そして、私にもお施主さんにも新しい発見があることも多く、

その新しい発見が設計の軸になることもあります。

 

最初の案で、決まることもあれば、決まらないこともあります。

必ず一度目の案で決めたい、と意気込んでいるわけでもありません。

 

この「田園を望む家」でも、最初の案と打合せをもとに、

再度、プランや外観を思案しています。

 

エスキスを重ね、辿り着いたのが最初に紹介した「スタディ.no5」。

プランも外観もガラッと変わりました。

三角屋根の可愛らしい形と、屋根からひょっこりと出るバルコニーが特徴。

 

大まかに間取りや外観は決定しましたが、

この段階で話し合っておきたいことは、まだまだあるので基本設計は続きます。

そして、年末の完成を目指し、引き続きガシガシと進めていきます。