初ボーリング

昨年から準備を進めている、保育園建替計画。

先月ですが、本格的に設計が進むに伴い、ボーリングによる地質調査を行いました。

 

そして昨日、報告書と共にサンプルが解析機関より戻ってきました。

木造住宅の計画では、ボーリング調査まで行うことは稀で、

SS試験(スウェーデン式サウンディング試験)が主流。

今まで住宅など小規模な建物の設計ばかりでしたので、ボーリング調査は初めて。

 

大規模な建物を何度も経験されている方からすれば、

馴染みのもので、全然珍しいものではないと思いますが。。。

 

この「土質標本」を開ける時は、ちょっとドキドキしました^^;;;;;;

 

地質調査の結果が出ましたので、

今後は、構造家と相談しながら、杭の仕様を決定していきます。

 

一番深い、-22mのサンプル。

手元で見れるのがちょっと不思議な気分でもあります。

 

大規模建築や土木の方からすれば、浅い方でしょうか....

 

 

 

教科書か道路脇でしか見たことなかった、ボーリング(標準貫入試験)。

 

 

構造家より提案があり、調査の精度を上げるため、

LLT(孔内水平載荷試験)検査を合わせて実施。

 

 

LLT....??

恥ずかしながら初耳でした。

 

まだまだ知らないこと、ありますね....^^;;;;;;;