OFFICE.J 着工しました

今年2月から進めてきました、OFFICE.Jの社屋建替計画。

準備も整い、いよいよ着工となりました。

 

施工は、丸正建設。

越前浜S-House以来のチームです。

建築敷地は軟弱地盤のため(新潟市内の多くは軟弱地盤)

まずは、地盤改良からです。

杭の数、121本!

建物の大きさによるところもありますが、

住宅より建物が重く(構造計算上の積載荷重)

地盤にも高い強度が求められるためです。

 

年末から年始にかけての建て方作業になりそう。

300㎡を超える規模

そして、梁せい60cm・長さ9mの特殊梁に

断熱材と構造面材が組み合わさったパネル工法、など

普段使わない構造部材もあるため

いつも以上に作業日数がかかりそう。

 

構造以外にも、初めて取り組むことも多くあり

ワクワク、ドキドキが目白押しの現場になりそうです^^

 

 

 

 

閉鎖的になりやすい事務所建築。

こちらの会社の方針や理念を伺ったところ

”まち”に開かれた社屋が良いのではないか、と思い

「閉じながら開けた社屋」

「開きながらも閉じられる社屋」

を提案しました。

角地を利用したオープンスペース

軒下の屋外通路

開放的な土間空間

多種な”まち”との接点を用意し

開放性のレベルを段階的に

グラデーションのように空間をつなげることで

開く・閉じるをコントロールできる建物です。

 

 完成は来年5月の予定。