久しぶりの"ゾクゾク"

三条の「カドチの家」では、外壁張りの真っ最中。

外壁の仕様は、屋根に使う長尺の横葺き材。

下から一枚一枚張っていくものです。

 

屋根材だけあって、固定する釘が表に出てこず防水性が高く

また、杉板の下見張りのようにシンプルでありながら

豊かな表情になるのが特徴で、個人的に好みの仕上です。

ただし、施工面にデメリットも。

この現場では9mを超える材料となり、一度に人手が要る上、

なかなか捗らない....

断る板金業者もいるくらい。

現場に入っている業者は、新潟市秋葉区のジーエルワークスさん。

以前、設計仲間から「上手な板金屋さんいるよ!」と紹介され

初めて一緒になった職人さんたちです。

 

 

とにかく、丁寧!

そして綺麗!

 

張り終わる度に、汚れを落としたり、傷の確認をしたりと

気持ちがこもった、いい仕事してます。

仲間が薦める理由が分かります。

 

 

そして、納まりに驚かされました。

出隅の板金を折り曲げて掴む納まりですが

納まりのクオリティが高い。

私が今まで指示・想定していたものより一手間二手間かけた

上級な仕事をしていました。

 

ベテラン・中堅・若手とバランスよく職人が揃い、

緊張感のある良い雰囲気での仕事。

 

久しぶりに、ゾクゾクする感覚に襲われました。

 

仕上がりがとっても楽しみです!