アンドウッドにて

現在設計中のI-Houseの床をどうしようか...

イメージや候補はあるのだけど、

どこか決めてに欠ける...

 

アドバイスや新しい情報が欲しくて、

「沼垂テラス」にある、フローリング専門店「アンドウッド」へ

先日、伺ってきました。

 

紹介されたのは、「栗」のフローリング。

肌はオーク似で、少し個性的。

雰囲気がよく、是非施主さんに紹介したい!と

思える材に出会えることができました。

相談して良かった^^

 

 

床材が落ち着いたところで、話は木材や流通の話しに。

林業に関心のある私は、店主の遠藤さんとの話しがとても楽しい。

遠藤さんは国内でも海外でも直接伐採や加工の場に足を運んで、

自分で仕入れて、販売している方。

なので、木材の現状を詳しく、そしてリアルに教えてくれます。

 

生産者の写真が貼ってある野菜だと、なんだか安心して買えるように、

木材も同じで、「どこで、どのように」床材になるのかを知れると、

安心感が増し、またその価値がわかります。

 

林業と暮らしとのつながりに関心を持ち始めた私は、

遠藤さんのこだわりや世界観に触れたことで、

「山と人、山と暮らしをつなぐ建築をつくりたい」という気持ちが

より強くなりました。