長岡市F-House 現場レポート.2

今回のレポートは建築現場を離れて、

工務店「ダイワホームズ」の作業場からです。

 

今週末に上棟を控えてるF-House。

外壁は杉板の下見張り。

その杉板の塗装は施主のFさんが自ら行うという計画です。

 

しかし、ちょうど予定日には台風が....

なんとか台風は過ぎ去り、天候も安定したので、無事決行。

ひと安心です。

 

F-Houseで採用する杉は十日町産の「魚沼杉」

土の成分の影響か、積雪の影響か、理由は定かではありませんが、

赤身が多いのが特徴。

赤身が多いということは、耐久性が高い。

つまり、外壁向きの杉ということになります。

(魚沼杉については、以前のブログを参照ください)

 

Fさんご夫妻の他、ご親戚も参加され、

とても賑やかに、楽しげな塗装作業となりました。

 

外壁を自ら塗ることは、なかなか無いと思いますので、

きっと良い思い出になったのではないでしょうか。

 

このように施主さん自らの手を加えて頂くことで、

建物に対する愛着がより増してもらえたら嬉しいなと思い、

提案することがよくあります。

 

住み続けていくなかで、外壁を塗ったことを思い出し、

思い出話しに花が咲いたら何よりです。

 

今回、塗った塗料は「エコウッドトリートメント」

化学薬品を使わない、木材保護塗料です。

塗布後から、まるで数年経ったかのような色の変化が特徴の一つ。

新築だけど、前々から建っていたかのような、

落ち着いた雰囲気の建物に仕上がります。

越前浜・S-Houseも同様の仕上げでした)

 

中央から左側は数十分経過したもの。右側が塗った直後。

 

新築時は濃い目の茶色。

段々と色が落ち着いていくので、経年変化も楽しめる外壁です。