I-Houseのスタディ模型

只今、基本設計中の新潟市中央区I-House Project。

工事中の現場や実施設計中の計画もあり、

バタバタしがちですが、

施主の方への提案は、いつも通りに

敷地模型とスタディ模型を使っています。

 

先週末に行った2度目の提案では、

二つのスタディ模型を使い、

それぞれの特徴や違いを説明しました。

6th Model

7th Model

 

ラフな模型ですが、比べると違いが一目瞭然で、

特徴をすぐに掴んで頂くことができました。

周りとの関係性や、建った雰囲気など、

図面では分かりにくいところまで伝えられたので、

模型の重要性を改めて実感した瞬間でした。

 

模型があると、実際に手に取りグルグルと回転させながら

様々なことが確認でき、会話も弾む。

そして、模型を覗きながら喜ぶ施主の姿が見れたときには、

こちらまで嬉しくなります^^

 

新しい土地での新しい暮らし。

施主の方と共に住まい方や建ち方を探る旅。

I-House Projectの旅はまだまだ続きますが、

いつもこの旅はとても楽しい!

 

ゴールは決まっていません。

だから余計に楽しいのかもしれません。

 

 

 

1回目の提案では、5つ目のスタディ模型を使い、

2階にリビングのある案を提案しました。

 場所。時間。気分。

 

 大切なモノ・コトを一緒に探し、

 デザインしています。

 

 建築設計事務所

 エヌ スケッチ

 

   〒950-0983

   新潟県新潟市中央区神道寺3-2-12

   ハイム神道寺2A

   Tel:025-278-8076

   Email:iguchi@n-sketch.net