越前浜S-House 1年点検

先日、竣工後1年を迎えた越前浜S-Houseの点検のため、

施工を担当した丸正建設・古俣社長と共に伺ってきました。

 

久しぶりにお会いするSさんご家族と住まい。

とても印象的だったのは「Sさんらしさ」でした。

 

そんなSさんらしい暮らしを少し紹介したいと思います。

 


休日はテラスでお茶や食事をしながら、ゆっくりと過ごすそうです。

「出かけなくなった。」とのこと。

自然豊かな環境に癒されている様子です。

 

 

私も古俣さんもびっくり!

S夫妻自作の物置小屋。

まだ「建築途中」とのことでしたが、、、

なかなかの力作です^^

 

 

畑の世話をするお子さんたち。

小さなイチゴを見せてくれました。

 

 

S-Houseの特徴のひとつである、スタジオ(防音室)。

ご主人がギター、奥さんがピアノ。

レッスンに通ってくるお子さんもいるそうです。

 

 

子供にとっては楽器もおもちゃのひとつ^^

 

 

少しずつ増えていく花や木々たち、

そして、インテリアの小物。

あちらこちらにSさんらしさが

感じられました。

 

 

 

短い滞在時間でしたが、

とても心地がよく、

伺った私たちもとても嬉しくなる

住まいでした。

 

 

そして、

「建築やってて良かった」と、

心から思えるひとときでした。