造作家具

仕上げ工事中の越前浜S-House。

クロスは一部を除き貼り終わったところ。

 

クロス貼りに先行して、造られた家具や収納の姿が存在感を出し始めています。

天板を木製とした、幅3.4mの造作キッチンは、

柔らかな印象で、空間と一体感があるように仕上げます。

 

とても眺めの良い横長の開口部に合わせたカウンター収納。

長さは4.6m。まるで図書館のようなサイズです。

天板の集成板は規格の長さを超えていましたが、

古俣監督の計らいで特注の一枚板です!

古俣さん、ありがとう。

 

この他にも、食器棚やテーブル、そしてベンチが登場します。

全てが揃うのが、待ち遠しい。

 

玄関・通り土間を挟んで、離れのようにあるスタジオでは、

内壁のボード張りが終わり、"外壁”面まで進みました。

杉板で”外壁”を仕上げます。

 

 

もう一方、三条S-Houseでも家具造作が進行中。

大工が家具職人に負けじと奮闘中です。

側板にささる戸当りが”留め”に細工されていたので、びっくりしてたら、

「図面の通り造るには、こうするしかない」と。

 

........ス、スミマセン......ありがとうございます(((^^;;;;;;;;

 

 

 

 場所。時間。気分。

 

 大切なモノ・コトを一緒に探し、

 デザインしています。

 

 建築設計事務所

 エヌ スケッチ

 

   〒950-0983

   新潟県新潟市中央区神道寺3-2-12

   ハイム神道寺2A

   Tel:025-278-8076

   Email:iguchi@n-sketch.net