越前浜の外壁

越前浜S-Houseの外壁は2種類。

一つは屋根材と同じガルバリウム鋼板。

もう一つは、秋田杉の下見張り。

ウッドロングエコという保護材を塗布して仕上げます。

 

サイズは特注でオーダーしてもらいました。

グレードは節が少なめの上小節。とても綺麗です。

人工的に乾燥させたKD材ではないので、

丸正建設にて、しっかりと自然乾燥させていました。

 

いよいよウッドロングエコの塗布を始めたとのことでしたので、

昨日は板の状況を確認のため丸正建設へお邪魔してきました。

そして、ほんの少しだけですが、お手伝い....(((^^

塗っているのは、塗装大好き当社スタッフの石田くん。

 

2度塗りを終えた板は、一旦濃い色になりますが、

日が当たるとグレーになり、ムラも無くなります。

経年変化を楽しめるのが板張りの良さですね。

 

現場では、西面のガルバリウムも張り始めていました。

屋根材と同じ、ハゼがある材料。

防水性は高いが、施工は割りと大変......

手間のかかる張り方ですが、丁寧な仕事ぶりの職人さんを見て一安心です^^

 

開口部とストーブの煙突の位置が丁度よく納るように、

事前にハゼの割付けをし、またそれぞれの位置の微調整をしてからの外壁張りです。

監督の古俣さんはじめ、各職人さんのおかげでうまくいきそうです。

 

 場所。時間。気分。

 

 大切なモノ・コトを一緒に探し、

 デザインしています。

 

 建築設計事務所

 エヌ スケッチ

 

   〒950-0983

   新潟県新潟市中央区神道寺3-2-12

   ハイム神道寺2A

   Tel:025-278-8076

   Email:iguchi@n-sketch.net