寒冷地仕様

小諸はとにかく寒い。

2月の朝は、-10℃以下になることも。

一日中氷点下。

 

寒さが新潟とは大違い。

当然、建物に関しても違いが出てきます。

求められる断熱性能はもちろん違いますが、

特に違いを感じたのが、「凍結深度」という言葉。

「地面が凍結して建物を押し上げる危険があるから、

凍結しない深さまで基礎を深くしましょう。」ということ。

 

よって、Ko-Houseの基礎は-70cmの深基礎にしなければならず、

折角深く掘るのであれば、半地下のような空間に利用できるのではないか、

また、眺望を考えると生い茂る木々の根元に視線が近い方が見え易い、という点も考慮し、

半地下のLDKとなりました。

 

 

 

板状の断熱材が張られたところが外周部の基礎。

フロアレベルはGL-300

 

 

 

 

断熱材に包まれた半地下はきっと暖かいでしょう。

 

大工さんの休憩も寒冷地仕様 (^_^)

 

 

 

「こんな寒い現場は初めて」だそうです。

 場所。時間。気分。

 

 大切なモノ・コトを一緒に探し、

 デザインしています。

 

 建築設計事務所

 エヌ スケッチ

 

   〒950-0983

   新潟県新潟市中央区神道寺3-2-12

   ハイム神道寺2A

   Tel:025-278-8076

   Email:iguchi@n-sketch.net